モバP「そうだよ、どうして気づかなかったんだ」

THE IDOLM@STER

アンケートへの回答ありがとうございました。

今後のまとめ記事の参考にさせて頂きます。

要望等あればいつでもご連絡ください。

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 22:19:39.82 ID:ydIHNTPX0
モバP「ちひろさん、俺って百人以上プロデュースしてるじゃないですか」

ちひろ「そうですね。人間のなせる技じゃないですけど」

P「俺自身、疲れたりする訳じゃないんですけどね?でもみんなの仕事についていくのはさすがに無理じゃないですか」

ちひろ「さすがにそうですね。今は一人で行く子も多いですし」

P「他のプロデューサーを雇えればいいんですけどほら、俺って人気じゃないですか」

ちひろ「自分でいうのはどうかと思いますけど、そうですね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1405775969


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 22:21:44.86 ID:ydIHNTPX0
P「でもやっぱり、プロデューサーとしてみんなの仕事についていくべきだと思うんです」

ちひろ「確かに、小さい子もいますし…」

P「だったら解決方法は1つじゃないですか!」

P「俺が分裂すればいいんですよ!」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 22:29:17.42 ID:ydIHNTPX0
ちひろ「いやいやいや何言ってるんですかあなたは」

P「だから分裂…」

ちひろ「いや、無理ですし出来たら怖いですって」

P「…ちひろさん。DNAがどうやって複製されるかしってますか?」

ちひろ「どうって…詳しく覚えてませんけど、二重らせん構造をほどいてそれぞれの鎖を複製…みたいな感じじゃありませんでしたっけ」

P「そう、そんな感じです!つまり、1つから2つのDNA!」

P「プラナリアのように半分になるのではなく、完全なる2つになるんですよ!」

P「同じことが俺にもできるはずです!」

ちひろ「無理です」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 22:33:40.71 ID:ydIHNTPX0
P「…ちひろさん、俺達の体の中にDNAがあります。確かにDNAはそこにあります。確かに俺達の体内で複製されてるんです」

P「だったら俺にだってできるはずじゃないですか!」

P「俺がDNAを作って、あれ?DNAが俺を作って?あれ?…取り敢えず、広い目で見れば俺達はDNAなんですよ!」

ちひろ「意味がわかりません」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 22:40:27.68 ID:ydIHNTPX0
P「やはり理解してもらえませんか…」

ちひろ「プロデューサーさんって生物履修してませんよね?DNAっていうのは、体を作るというよりは設計図だから実際は…」

P「あー!生物履修だからってそうやって!良いですよもう、生物学なんて凌駕してやりますから!」

ちひろ「それが出来たらあなたは人外です」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 22:45:01.32 ID:ydIHNTPX0
P「アイドルのために、俺は俺にできることをします!俺はやりますよ!やってみせます!」

ちひろ「どうせ無理ですって…」

P「見ててくださいよ!…えーと、まずは二重らせんをほどく…でも俺はらせんじゃないなあ」

ちひろ「やらないんですか?だったら早く仕事しましょうよ…百人以上アイドルがいるんですから…」

P「それも今に楽になりますよ!…ええい、とりあえず二本に分ければいいんだな?」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 22:47:13.15 ID:ydIHNTPX0

P「そりゃ」バリバリバリミチミチバリ

ちひろ「きゃあああああああ!?」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 22:50:21.56 ID:ydIHNTPX0
右P「よし!きれいに半分になったぞ!」

左P「我ながらきれいに裂けたな!両側に引っ張るだけでいいのか!」

右P「お、複製が始まった!」メキメキメキメキメキ

左P「おおおおおおお!?」メキメキメキメキメキ

P1「やった!成功だ!」

P2「人間の力ってすげーな!」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 23:00:58.16 ID:ydIHNTPX0
P1「いや、待て。本当にお前は俺か?」

P2「お前こそ俺か?」

P1「このあとの予定は?」

P2「凛のシンデレラガール記念の撮影会についていく」

P2「小さい頃言われてた悪口は?」

P1「お前の母ちゃんマジピッコロ」

P2「…間違えなく俺だな」

P1「お前こそ、間違えなく俺だ!」

P「HAHAHA!!」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 23:06:57.48 ID:ydIHNTPX0
P1「ちひろさん!見てください!俺ですよ!」

P2「成功ですよ、成功!」

P1「……気絶…している!?」

P2「なんだって!?脈はあるのか!?」

P1「脈はある。…くそっ、誰だちひろさんにショックを与えたのは!!!」

P2「許すまじ!!」

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 23:14:28.96 ID:ydIHNTPX0
P1「いや待て。もしかして、俺達の分裂でショックを受けたのかもしれん」

P2「それはないんじゃないかなあ」

P1「俺達は自分の分裂を見れてないだろ?想像以上にグロテスクかもしれん」

P2「…確かに。つまり人に見えないところで分裂するべきってことだな」

P1「今度から気を付ければいいだろ!…これ一人に戻れるのか?」

24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 23:18:59.05 ID:ydIHNTPX0
P2「ああー!!!確かにそれ大事だ!部屋が狭くなる!」

P1「歯ブラシも1本しかないしな。どれ、戻ってみようぜ」

P2「分裂するときは左右に引っ張ったんだよな…」

P1「じゃあ…両側からこう、圧迫すればいいのかな」

P2「俺も同じことを考えてたよ!よし、やってみようぜ!」

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 23:22:42.75 ID:ydIHNTPX0

P「そおいっ」グチャ バチュン

P「うおおおーーー!!!戻れた!!生きてるって素晴らしい!」

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 23:29:49.90 ID:ydIHNTPX0
……………

P「ちひろさん、ほら、起きてください」

ちひろ「…あれ、寝ちゃってましたか?」

P「そりゃあぐっすり」

ちひろ「アハハ、お恥ずかしいところを…あ、そういえば変な夢を見ましたよ」

ガチャ

凛「おはようプロデューサー、ちひろさん」

P「お、凛。改めてシンデレラガールおめでとう」

ちひろ「おめでとう凛ちゃん」

凛「ふふっ、もう何日も聞いてるよ。でも、ありがと」

凛「プロデューサー、そろそろ時間だよね?もういった方がいいんじゃない?」

P「お、そんな時間か…」

32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 23:35:31.30 ID:ydIHNTPX0
P (しかし待てよ。今の今まで仕事はやってなかったから…ここで俺が出たら、ちひろさんは一人で仕事か…)

P (男モバP、そんなことは出来ない)

P「ちょっと凛、用意しててくれ。俺は用足してから行くよ」

凛「早くしてね」スタスタ

P「おーう」ガチャ

33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 23:43:06.11 ID:ydIHNTPX0
ちひろ「さっきのはやっぱり夢だったのかしら…」

凛「ちひろさん、どうかしたの?」

ちひろ「うーん、なんかあやふやなんだけどプロデューサーさんが裂けていたような…」

凛「避けてる?それは…私だったら耐えられないかも」

WC フンッ ブチブチブチブチィッ

ちひろ「やっぱり耐えられないわよね…」

凛「でもプロデューサーの性格なら…絶対ちひろさんを避けたりしないよ」

WC ウォースゲェ!!! ハジマッタハジマッタ メキメキメキメキメキ

34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 23:47:23.52 ID:ydIHNTPX0
ちひろ「あ、いやその避けてるじゃなくてね…」

P「よーし凛、行くぞー」

凛「あ、うん! …それじゃちひろさん、行ってきます」

P「行ってきまーす」ガチャ バタン

ちひろ「…そうよね、避けるなんて、そんなこと…」

P「凛は行きましたか?」

ちひろ「ひゃあああああ!?」

37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 23:50:50.34 ID:ydIHNTPX0
ちひろ「プププププロデューサーさん!?今出たんじゃ!?」

P「ああはい、あっちの俺が行きました!俺はちひろさんと仕事しようと思いまして…」

ちひろ「え?え?」

P「やだなあ、ちひろさんに見せたじゃないですか、分裂!」

P「…ちひろさん!?やだなあ、また気絶してる」

38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 23:55:03.53 ID:ydIHNTPX0
P「しょうがない、ちひろさんの分のもやるためにもう一人…」

P「…」

P「男モバP閃いた」

P「腰辺りまで裂けば足は一人分、上半身は三人分の阿修羅Pが出来るんじゃね?」

P「三人で表情変えれば完璧じゃん」

P「阿修羅P…この事務所最高のマスコットになれるぞ」

45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 00:04:29.87 ID:GkQalMrs0
P「そうと決まれば実践あるのみ」

P「しっかし上半身を三等分…どうやってやればいいかな」

P「こうか…?」ブチブチブチブチィッ

P「いって!ああーミスっちまった。やっぱうまく分けないと複製しないみたいだなあ」

P「しっかし三等分キツいなあ…ったく出来たら人間業じゃねえよ本当に」

48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 00:08:15.99 ID:GkQalMrs0
頑張ること30分

P「あはあー美しい!きれいに上半身三等分出来たぞ!」

P「ここまできれいに分けれるとは…本格的に人間離れしてきたな」

P「…っと、キタキタキタキタキタァ!!!」メキメキメキメキメキ

53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 00:12:43.86 ID:GkQalMrs0
P3「我ら!」

P4「敏腕!」

P1「阿修羅P! うおおお決まった!マジ阿修羅じゃんこれ!」

P3「完成度高いなオイ」

P4「阿修羅像とかって俺らを予言して作ってたんじゃね?」

P3「ああーあるある!」

55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 00:21:49.43 ID:GkQalMrs0
P1「しかしおかしいな。俺足感触あるけど動かせんわ」

P4「あー俺もだ」

P3「俺動かせるっぽいわ。ちょい歩くね」ヨタヨタ

P1「ちょ、揺れる揺れる揺れる!!」

P4「下手くそ!交代しろ交代!」

P3「交代なんざできるか!まあ歩いてりゃ慣れるだろ…」

ガチャ

みく「今日はPチャンいないもんね…一人で仕事かあ…」

P1「そんなことないぞ、みく!」

P3「俺達が!」

P4「ついている!!!」

みく「ぎにゃああああああ!!!!」

58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 00:27:21.23 ID:GkQalMrs0
P1「おい、受けがよくないみたいだ阿修羅P」

P3「人気者が3人だから人気3倍じゃないのか?ユニットみたいにさ」

P4「わけがわからんな」

みく「Pチャン?Pチャンなの!?じゃあこれドッキリでしょ!ドッキリなんでしょ!?」

62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 00:31:51.88 ID:GkQalMrs0
P1「そんなドッキリなんて…内容にもよるけど俺は基本しないぞ」

P4「これはまぎれもなく現実だ」

P3「大切なアイドルを泣かせるような真似はしたくないしな」ヨタヨタ

みく「こっ、来ないで!」

P134「!?」ガーン

65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 00:38:13.34 ID:GkQalMrs0
みく「Pチャン…お願いだからもうやめてよぉ…」ボロボロ

P1「こっ、これはみんなとの時間を増やそうとだな!?」

P3 (阿修羅Pは違う気がする)

みく「嫌だよ…そんなPチャンは嫌だよぉ…」ボロボロ

P4「ど、どうしてなんだみく!」

P1「俺がたくさんいれば仕事は捗る、お前たちの側にもいれる!良いこと尽くしなのに!」

66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 00:43:34.15 ID:GkQalMrs0
みく「ずっと一緒じゃなくても良いから…みくはPチャンとお仕事したいの!」ボロボロ

みく「この世でたった一人のPチャンと、自分だけの思い出を築きたいの!」ボロボロ

みく「みくのPチャンの代わりなんて、みくのPチャン以外いないんだからぁ…!」ボロボロ

P134「!!」

67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 00:47:59.36 ID:GkQalMrs0
ウワァァァァン

P1「…やめよう」

P3「俺達は、俺達だけど…」

P4「俺は俺、お前はお前だもんな…」

P3「見た目とか、性格とかそんなんじゃなくてさ」

P1「何があっても、今を生きる俺は俺しかいないんだもんな…」

P3「代わりはいない、か…」

P4「凛は気付かなかったけどな」

P1「おいやめろ」

68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 00:49:47.52 ID:GkQalMrs0
P1「戻ろう。いつもの俺に、お前に」

P3「ああ」

P4「戻ろう」

バチュン

70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 00:54:09.84 ID:GkQalMrs0
…………

P「おいみく?おーい」

みく「…うにゃ、Pチャン?」

P「随分うなされてたな。悪い夢でも見てたのか?」

みく「…Pチャン?」

P「ん?」

みく「うわああああ!怖かったにゃああああ!!」ウワーン

P「どうした、みく?」

P「…ありがとう、ごめんな」ボソッ

72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 00:56:23.43 ID:GkQalMrs0
バーン

P2「ただいま戻りましたー!!」

凛「ただいま」

P「あ、やべ」

みく「にゃ?」

凛みく「ひゃあああああ!?」

73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 00:58:47.09 ID:GkQalMrs0
あれから、モバPは分裂をやめた。この一件で、俺は唯一無二の存在なんだと、強く彼の胸に刻まれた。

同時に、この能力も唯一無二のものだと…。

75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/20(日) 01:13:48.68 ID:GkQalMrs0
事務所 夜

P1「ヒョーッホオ!!!ついにヤマタノオロチ完成だ!!!!」

P7「やっぱり頭八等分はきつかったな」

P5「これは神の領域ですよ、神の領域!!」

P4「いやーどっから見てもヤマタノオロチだわ」

P2「今ならヤマトタケルとかマジ余裕だわー瞬殺だわー」

P6「戦う前にビビって逃げちまうだろ」

P3「最強敏腕プロデューサー」

P8「ヤマタノオロチPってか!!」

HAHAHAHAHAHA…

小梅「すごい…!!!!」

まだまだ事件は続くようです…

終劇!!!

77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 01:16:01.01 ID:GkQalMrs0
勢いだけで書いた
後悔はしてる
だから細かい設定はないスマン

もう寝るからHTMLは明日出します
見てくれた人ありがとう

78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 01:26:45.15 ID:nLdSeJYKo
おっつおっつ
こういう勢いがあって笑えるssは癒し
79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 01:29:27.88 ID:8Js8bqZZo
おっつおっつ

芳乃ちゃんに封印されそう

82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/20(日) 03:09:58.56 ID:mT+QVxLV0
なんだ事務所の日常じゃないか(白目)


元スレ
タイトル:モバP「そうだよ、どうして気づかなかったんだ」
URL:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1405775969/
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービスに投稿されたスレッドの紹介です

Similar Posts:


PAGE TOP