THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/20(月) 23:42:01.26 ID:EBnVqoSA0

まゆ「プロデューサーさんがいけないんですよォ?皆にばっかかまけて、まゆをちっとも
見てくれないんだから……。」

P「……その包丁で何をする気だ?」

まゆ「決まってるじゃないですかぁ。まゆとプロデューサーさんを永遠につなげるための……」

P「……ああ、もういい!こっちこい!!」

まゆ「え?ちょ、あ、あの、プロデューサーさん!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466433720

その他

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/04(金) 02:32:28.76 ID:euKt6tXT0

女騎士?「クッ、コロセ。」

オーク「……。」

女騎士?「クッ、コロセ。」

オーク「いやいやいや。ちょっとまて。何かがおかしい。」

女騎士?「クッ、コロセ。」

オーク「……あの、女騎士ですよね?」

女騎士?「クッ、コロセ。」

オーク「それしか言えないの?参ったなぁ……。」

オークB「おい、お前なんかやったのか?いつものと違って明らかにおかしいぞ?」

オークC「薬でもキメたか?」

オーク「いや、薬でどうにかなる問題じゃないでしょこれ。」

オークB「こういう場合どうすればいいんだ?」

オークC「たたけば治ったりして」バシッ!

女騎士?「クッコロセー。」キュイイイイン(あたま超回転)

オーク「」

オークC「すげえ、あたまがまわってるな。」

オーク「絶対別の何かだってこれ!女騎士以前に何かこう種族の問題というか……。」

オークB「人間の町でちょいと見たことあるぞ、こんな人形。」

オークC「え、じゃあ人工物なのこれ?」

オーク「まさか!今の時代そんな大それたものを……」

女騎士?「カタッ!」

オークたち「!?」

女騎士?「キュイィィィィィィン!カタカタカタカタカタカタ」

オークB「な、なんだぁ!?」

女騎士?「ロボチガウロボチガウロボチガウロボチガウロボチガウロボチガウロボチガウロボチガウ」

オーク「」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1457026348

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/08(木) 20:57:42.73 ID:b9cHRGLa0

凛「え……何それ?」

未央「オトコプター?」

莉嘉「ねえねえまたやってよー!オトコプター!」

みりあ「わー、みりあも混ぜてー!」

仁奈「回って風の気持ちになるですよー!」

武内P「では、実際にやりながら説明します。まず両腕を水平に広げます。」

未央「ふむふむ。」

武内P「そしてその両腕に一人ずつ、ぶら下がります。」

莉嘉「はい!」

みりあ「えい!」

仁奈「仁奈は首につかまるですよ!」

武内P「とまあこの具合で、定員3人です。」

凛「力持ちだねプロデューサー……。それから?」

武内P「そして勢い良く、ぐるぐる回ります!!!」

莉嘉「キター!!」

みりあ「わーい!」

仁奈「楽しいでやがりますー!」

未央・凛「」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1444305462

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/15(火) 21:51:04.44 ID:wBP7V4of0

社長「今期から、我が765プロでともに歩んでいくことになったプロデューサーだ。みんな。よろしく頼むよ。」

春香「どんな人なんだろうなー?」

やよい「うっうー!楽しみです―!」

社長「では、君。自己紹介がてら、何か一言頼むよ。」

P「……。」コクリ

アイドルたち「ワクワク」

P「アイドルが相手なら、覇王翔吼拳を使わざるを得ない!」

アイドルたち「」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1442321464

PAGE TOP