THE IDOLM@STER

1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/02/16(木) 02:42:25.16 ID:OhQF0CKJ0
芳乃「甘いものばかりではお体に悪いのですー」グイグイ

モバP(以降P表記ですー。もぉー)「もがががががっ!」

芳乃「お茶もご用意しておりますー」

P「んぐんぐ…ぷはぁっ!」

芳乃「はいー、あったかいものどうぞー」

P「はぁ、あったかいものどうも」ズズッ

P「うわ熱っつい!」

ちひろ「猫舌か」

ちひろ「ってか、何イチャコラしてるんですか。他所でやってくださいよ」

P「別にイチャコラしてるつもりは無いんですけど」

P「俺はただバレンタインに貰ったチョコ食べてるだけで…」ポリッ

芳乃「しょっぱいものもどうぞー」ズボッ

P「合間合間に芳乃がこうしてひたすら歌舞伎揚げ突っ込んでくるんふぇふふぇもふぁふぁふぁ」

ちひろ「イチャついてんじゃねえか」

芳乃「甘いものばかりはお体によろしくありませんのでー」

P「その気遣いは嬉しいんだけど、せめて俺のタイミングで食べさせてくれない?」

芳乃「じゃんじゃん参りましょー」バリバリッ

P「あれ、俺の意思は?」

ちひろ「ああ、そう言えばプロデューサーさんってバレンタイン当日お仕事で地方に行ってましたもんね」

P「ええ、急に鹿児島で芳乃の単独ライブが決まりまして。ホントに急な仕事でしたけど大盛況でしたよ」

ちひろ「そうですかそうですか。バレンタイン当日に急に芳乃ちゃんと地方のお仕事ですか」チラッ

芳乃「ほー?」

P「けふ…、芳乃さんや。ここだと千川に迷惑かかるから休憩室行こうか」

芳乃「はいー」

P「じゃあちひろさん。ちょっと行ってきますね」

芳乃「行って参りますー」トテトテ

ちひろ「はいはい。どうぞごゆっくり」

ちひろ「…」

ちひろ「……怖っ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1487180544

THE IDOLM@STER

1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2017/02/01(水) 00:56:41.94 ID:o+jqY0Mv0
ちひろ「いきなり何するんですか!」

モバP(以降P表記じゃけぇ)「ちひろさん、節分ですよ!節分!」

ちひろ「ええ、ええ。もちろん知っていますとも。けどそれと私に豆をぶつける事にどういう因果関係が?」

P「え、ちひろさんって鬼じゃないんですか?」

ちひろ「違いますよ」

P「あれ?おかしいな」

ちひろ「ちなみに悪魔でもありませんからね」

P「財布の破壊者チィケイドですもんね」

ちひろ「あ、その豆ちょっと借りますね?」ヒョイ

P「どうぞどうぞ」

ちひろ「ありがとうございます」スッ

ちひろ「どっせい!」バシッ!

P「めっちゃ痛い!!」

P「いてて…豆って人体にめり込むものなんですね」

ちひろ「まったくもう!まったくもう!」プンスカ

P「いやぁ、常日頃から鬼だの悪魔だの黒魔神闇皇帝だの言われてるちひろさんには取りあえず投げつけとかないと、と」

ちひろ「私のことを何だと思ってるんですか」

P「ハハッ」

P「そういう訳で他のみんなとも折角の節分を楽しんできますねー」トテトテトテトテ

ちひろ「ちょっと答えてくださいよ!それに節分ってそんなテンション上がるイベントでしたっけ?うわ、何て無駄な行動力!」

ちひろ「まったくもう…仕事終わらせた後だから良いですけど、あの社畜はもぉ…」

ちひろ「…あれ?いつの間にかデスクの上に恵方巻が」

ちひろ「………」

ちひろ「まったくもう」モキュモキュ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1485878201

THE IDOLM@STER

1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/12/21(水) 02:07:11.46 ID:DLDmFhG90

凛「布団このぐらいでいい?」

まゆ「大丈夫だと思いますよ。ふふ、リビングがお布団でいっぱいになっちゃいましたね」

凛「48時間不眠耐久レースでもする?」

まゆ「凛ちゃんお1人でどうぞ」

凛「冷たいなぁ…。さて、あとは買い出し係待ちだね」

まゆ「未央ちゃん遅いですねぇ。どこまで行ったんでしょう?」

バタンッ

未央「あーーっ!!寒いよ!寒かったよ!!」バタバタ

凛「あ、お帰り飲み物とお菓子」

未央「未央ちゃんです!」

まゆ「お部屋暖房つけてますから。はい、手を洗って」

未央「うあー、ほんとだ部屋の中暖かいよぉ…」

まゆ「飲み物とりあえず冷蔵庫に入れておきますねぇ」

凛「随分遅かったね。そこのコンビニじゃなかったの?」

未央「もうちょっと歩けばスーパーあるからそっち行ったんだよー。コンビニよりずっと安いし……ふわぁー…お湯が凍えた指先に染み渡るぅ…」ジャバジャバ

まゆ「未央ちゃんも戻ってきましたし、早速始めますか?」

凛「だね。ほら未央。早く脱いで」

未央「ちょいちょーい!自分で着替えるから引っ張らないで!」

まゆ「あ、未央ちゃん今日は黒なんですね」

未央「あれ、味方がいない?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482253630

THE IDOLM@STER

1: ◆E81DmRur6Q 2016/07/11(月) 01:20:26.26 ID:rlAJhTBj0

モバP(以降P表記にゃ)「まあまあ、それはさておき」

ありす「さておかないで欲しいですが、食事会ですか?どこかのデイレクターさんと?」

P「いやいや仕事抜きで。ほら最近蒸し暑くなっただろ?それでアイドル達があんまり食事を取らなくなってるんだとさ」

ありす「…そう言えば、私も最近食欲が出ないのでついイチゴで済ませてしまってます」

P「若いうちからそんな食生活でどうすんの」

P「ってな訳でスケジュールの都合の良い娘を集めて食事会させようって事になってな。橘さん今日はもう上がりだろ?」

ありす「ありすです。確かにこの後は何も予定はありませんが」

P「なら、良かったら参加しないか?強制はしないけど」

ありす「そうですね…折角ですし参加してみます。自分でも最近ちゃんと食べていないな、とは思っていましたので」

P「沢山食べないと育たないもんなぁ。目指せ雫ボディ」

ありす「くっ…!ハードルが高すぎて潜ったほうが早い!」

P「要するに事務所の仲間達と集まってワイワイ楽しく飯食えば箸も進むだろうって魂胆だ」

P「あ、これプリント。場所や時間はこれ見てな」

ありす「各自一品…ですか?」

P「まあ、それも強制じゃないから別に手ぶらでも構わんよ」

P「単に第1回の時「何が一番ご飯が進むオカズか」ってことで大論争になってな。それから自慢の一品を各自持ち込むようになったんよ」

ありす「なるほど…」

P「アレは白熱したなぁ…こずえの推すなめ茸と礼子さんの推すミートボールの好カード」

ありす「色々な意味でその光景が想像出来ません」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468167625

THE IDOLM@STER

1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/10/30(日) 01:05:06.02 ID:x1UuEuhm0
モバP(以降P表記だよ★フヒヒッ)「…うん、分かってるって。……いやいや、そんなことないってば」

P「えっ?いや違うって。何でそういう事になるんだよ」

凛「フンフンフフンフーン、空の世界で蒼の剣~」スタスタ

凛「…あれ、プロデューサー?こんなところで…って、電話中か」

凛「うん、邪魔したら悪いし後ろからこっそりクンスカしよ」スンスン

P「うん、俺も好きだよ」

凛「っ!?」

P「いやいや嘘じゃないっての。好きだよ、そりゃあもう」

P「うん…うん、わかった。じゃあ仕事終わったらお前さん家行くよ。…はいはい、わかったわかった」

凛(えっ、な、何?何今の…)

P「んじゃ、また後でな。ちーちゃん」ピッ

P「さて、と。それじゃ定時まで頑張るぞい」

凛(好き?好きって言った?えっ?プロデューサーにいつの間にかそんな相手が…?え、モバマスのメインヒロインってわた渋谷凛じゃないの?)ガタッ

P「何奴!?」

凛「…っ!」

凛「…に」

凛「にゃあ~…」

P「何だ、ただの3代目シンデレラガールか」

P「おっと、早く戻らないと」スタタタタタッ

凛「…」

凛「な…」

凛「何とかせな…!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1477757104

THE IDOLM@STER

1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/10/11(火) 01:08:32.61 ID:qvqoYSp20

…シ……

…シテー…

…デシテー

芳乃「起きるのでしてー」ドスンッ

モバP「へあっ!?」

芳乃「もう朝なのですー」ペチペチ

芳乃「早く着替えませんとー。遅刻してしまいますー」ペチペチ

P「…学生服姿の芳乃が馬乗りになって起こしてくれるとか夢ですねおやすみなさい」スヤァ

芳乃「起きるのでしてーっ」ペチペチペチペチペチペチゴスペチペチペチペチ

P「あたたたっ、起きる起きるっ起きるからその無呼吸連打やめてっ」

芳乃「むぅー」

芳乃「先に下に居りますー。早く着替えて朝餉を召し上がってくださいー」トテトテ

P「何なんだ一体。…あれ?今日って俺と芳乃オフだったっけ…?」チラッ

P「…」

P「」ゴシゴシ

P「…」チラッ

P「……」

P「カレンダーいつから変えて無かったっけ?それに俺ってこんな若々しかったっけ…」

P「…」ゴソゴソ

P「スマホがPHSになっとる!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1476115712

THE IDOLM@STER

1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/10/03(月) 01:04:25.31 ID:AITk2upQ0
モバP(以降P表記、ひょうきんに…ンフッ)「うん、美味しいよなハンバーグ」

ありす「はい」

P「表面はこんがり、断面からは肉汁がジュワーって迸り…一度口に入れれば濃厚な肉の旨味と風味が口の中を駆け巡る」

ありす「そうですね」

P「パンはもちろん、ご飯のお供としても抜群だ。濃い目のソースでいくのも良し。おろしポン酢でさっぱり食べるのも捨てがたい。いやシンプルに塩で、という手も考えられるな」

ありす「なるほど」グギュルー

P「んで、そんなみんな大好きハンバーグ師匠がどうした?」

ありす「師匠はつけなくて良いです。別物になってしまいます」

ありす「いえ、今度学校の調理実習がありまして。作る料理がハンバーグなんです」

P「調理実習、懐かしいなぁ。俺も小学生の時やったわ」

ありす「プロデューサーさんは何を作ったんですか?」

P「うん?小学生だし簡単なものだよ。目玉焼きとかポテトサラダとかブッシュ・ド・ノエルとか」

ありす「遠月学園付属ではありませんよね?」

P「そっか、つまり橘さんは実習前に練習しておきたい訳か」

ありす「ありすです。はい、そういうことです」

P「偉いなぁ、橘さんは」

ありす「ありすです」

P「そういう事なら早速葵に…と言いたいところだけど、来週の「ドキッ☆アイドルだらけの水泳大会 」の収録で今ほとんどの娘が出払ってるんだよなぁ…」

ありす(計算ずくです)

P「今残ってるのは…」チラッ

ありす(ちひろさんも今は外出中。つまりプロデューサーさんだけ。完璧です。計画通りです!)

P「お、いたいた。頼めるか?」

アッキー「俺に任せろ」

ありす「ちょ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1475424265

THE IDOLM@STER

1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/09/21(水) 00:56:51.04 ID:RhZmIpV80
モバP(以降P表記よ、この豚)「すみません、お待たせしました」

ちひろ「いえいえ、私もついさっき来たところですよ」

P「そうですか?なら良かった」

P「それにしてもちひろさん随分早いですね。俺も割と早めに着くようにしたつもりなんですが」

ちひろ「ふふ、女性を待たせるなんてまだまだですね、プロデューサーさんも」

P「やっぱり待たせてたんじゃないですか」

ちひろ「言葉のあやですよ。ほら、行きましょう?」

P「ええ。…あ、そうだ」

P「…コホン」

P「今日1日よろしくお願いしますね、ちひろさん」

ちひろ「はい、こちらこそ。よろしくお願いします」

P「…」

ちひろ「…」

P「…気持ち悪くなってきたんでそろそろやめましょうか」

ちひろ「そうですね…普段通りでいきましょう」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1474387011

THE IDOLM@STER

1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2016/09/10(土) 01:52:23.11 ID:YYDGfZ7I0

モバP(以降P表記)「……」

ちひろ「…プロデューサーさん」

P「…「これ」が、芳乃なんですか…?」

ちひろ「…はい」

P「…」

ちひろ「さっき電話でお伝えした通り、事故だったんです。…誰が悪いという訳でなく、事故だったんです…」

P「…そう、ですか…」

P「…」

P「…ハハッ、こんな小さくなっちゃったんだ…」

ちひろ「プロデューサーさん…」

P「前々から小っちゃいなぁ、とは言ってましたけど」

P「…だからって、こんな小さくならなくてもいいじゃないか…」ポタ…

ちひろ「…っ!」

P「ついさっきまで、いつも通りだったじゃないかよ…」

P「いつものようにのんびりトコトコ後ろを付いてきて、仕事中だっていうのに膝に乗ってきたり構ってくれって袖引っ張ってきたり…」ポタ、ポタ…

ちひろ「…プロデューサー、さん…」

P「どうして、ちょっと出掛けてた間に、なんで……なんで、こんな事に…!」ポタポタ

P「耳と尻尾が生えて30cmぐらいに縮んだ芳乃とか、どうしてくれるんですか!!」ボタボタボタ

ちひろ「取りあえずその鼻血を吹きましょうよ」

猫耳芳乃「ソニャター」スリスリ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473439942

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/20(水) 01:30:04.08 ID:44Ce04310
智絵里「」チーン

モバP(以降P表記。まぁ悪くないかな)「うわぁビックリしたぁ!!」ビクッ!

P「お、おーい智絵里?智絵里だよな…どうした、床に転がってたら汚いぞ?」

智絵里「」チーン

P「…智絵里?おーい……もしかして暑すぎて床で冷を取ってるとか?」

智絵里「」チーン

P「ち…智絵里?寝てるだけだよな?」ツンツン

智絵里「」チーン

P「お、おい智絵里。寝てるだけだろ?なぁ!返事をしてくれ智絵里っ!智絵里ぃい!!」ユサユサ

智絵里「」智ーン

P「…グスッ…誰だ、誰だよ智絵里をこんな姿にしたのは…」

P「教えてくれこずえ…どうして現場に血が流れるんだ…!」

こずえ「しらないのぉー」

P「……あ、クローバー落ちてる」

P「なんだ、単に抜けてただけか」プスッ

智絵里「はうっ」ビクンッ

智絵里「…あれ?私、どうしてこんなところで寝転がって…」

P「おはよう智絵里。具合はどうだ?今日の朝ご飯何食べたか覚えてるか?」

智絵里「あ、あれ?プロデューサーさん…?あ、はい…大丈夫です。今朝はコーンフレークです」

P「よし、大丈夫そうだな。心配したぞ」ナデナデ

智絵里「え?えっ?」

智絵里「あっ」ポロッ

P「あっ」

智絵里「」パタンッ

P「しまったちゃんと刺さって無かった!ちえりっ!智絵里ぃーー!!」

智絵里「」智ーン

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468945803

PAGE TOP