THE IDOLM@STER

1: ◆3UO.XRpYJ2 2016/07/25(月) 00:20:58.93 ID:ilyuscAp0

「Pさん、美術館興味ないですか? チケット……2枚あって……」

おずおずといった感じで差し出されたそれを受け取ったのは数日前の話だ。

現在、僕と彼女――――古澤頼子さんは、ちょっと気まずい感じで二人並んで歩いている。

例えるのなら、偶然帰り道が同じになった新しいクラスメイト、といったところか。チラチラとお互いの姿を確認しあっては何を言うのか考えて、結局何を言うわけでもなく美術館に歩を進める。

要するに、僕も彼女も口下手で、尚且つ僕は男女でお出かけをしているというシチュエーションに緊張しきっていた。

「あっ……」

何の気なしに彼女を見たら、丁度彼女も僕に目線を送っていたところだった。考えられる限り頭を働かせて、やっと「今日も暑いですね」と言うと、彼女も慌てたように「そうですね」と相槌を打った。

それきり彼女も僕も目線を逸らして、そのまま会話は終了してしまった。

何をやってるんだ、一体。僕は彼女に気付かれないように自分の頭を軽く掻いた。

古澤頼子さん。17歳で、眼鏡が特徴的な女の子。趣味は美術展や博物展の鑑賞だという。

そういえば、彼女をスカウトした時も美術館だったっけ。正確には美術館に入ろうとしていた彼女に声をかけたんだけど。

僕たちは出会ってから、まだ、数日しか経っていなかった。僕らはお互いのことを知らな過ぎていて、だからこの沈黙も仕方ないもののように思える。

……などと、ひとしきり言い訳を頭の中で作ってから、それにしたって、と僕は思った。折角気を遣って誘ってもらったんだから、きっと今度は僕が気を気の利いた話題の一つや二つ提供するべきなんだろう。

学生時代の女っ気のない生活を呪いつつ、綺麗に塗装された道を歩いた。静かな中、風に揺れる葉の音だけが耳に印象を残していた。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1469373658

艦隊これくしょん -艦これ-

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/19(日) 03:34:00.37 ID:aZVpbc9E0

提督「最高翌練度に達した艦娘が、ことごとく無気力になっている」

大淀「・・・」

提督「無理な作戦も行わず、轟沈も無し」

大淀「・・・」

提督「徹底した安全管理の下、演習を繰り返し、各艦の連携は完璧」

大淀「・・・」

提督「休日も週に二日。 上陸許可と共にお小遣いも渡した」

大淀「・・・」

提督「大淀さん、何故だと思う?」クルッ

大淀「O-YODOパンチ!」

ペチーン

提督「ぐふぅっ」

艦隊これくしょん -艦これ-

1: ◆kquYBfBssLZl 2015/10/19(月) 08:36:47.57 ID:/kOSYSxSO

提督「ん? よお龍驤、非番なのに朝早いな」

大鳳「おはようございます、龍驤さん」

龍驤「おはよう、大鳳、提督。お休みやからって生活リズム崩すなんてプロのやることじゃないわ。そんなことより今なんかウチのこと言っとったやろ」

提督「ん? ああ聞いてたのか」

龍驤「聞いてたのかーちゃうわ。朝っぱらからヒトの陰口言いよってからに」

提督「陰口って……まあ確かに気にする子は気にするかもな」

大鳳「あの、お気を悪くされましたら、ごめんなさい」

龍驤「いや大鳳は気にせんでもええよ。ていうか、気にする子は、って、大鳳かてそうやんか。提督にはデリカシーってもんがないんか」

大鳳「え」

提督「ん?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445211407

名探偵コナン

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/19(火) 23:24:48.829 ID:ONDaFP4t0

チノ「いらっしゃいませ」

ジン「・・・二人だ」

ココア「2名ですね!こっちの席へどうぞ!」

ジン「ああ・・・」

ウォッカ「ほー。女のガキばっかですぜ兄貴」

ジン「浮かれるな。ウォッカ」

ココア「ご注文は何になさいますか?」

ジン「・・・このココア特性ブレンドってのは何だ?」

ココア「私が厳選した素材で作ったコーヒーだよ♪」

ジン「・・・それにする」

ウォッカ「あ、じゃあ俺もそれで」

THE IDOLM@STER

2 : ◆/lwX30avgY 2016/07/05(火) 22:54:21.26 ID:JM/PkxpS0

グリP「なるほど、アイドルヒーローズの続編は悪に堕ちた百合子を救う物語、と」 

監督「はい、ヒーローズ本部からかつて最強のヒーローだったザ・ファーストも登場して」

グリP「くっころですか?」

監督「え?」

グリP「百合子の『くっ・・・私は決して悪には屈しない!』からの即墜ち2コマが見れるんですか?」

監督「いや、そこはデストルドー総帥の新たな力で」

グリP「『こんな・・・、私は気持ち良くなんか・・・!うっ!』みたいなそういう」

監督「家帰ってエロゲでもやってろよお前」

THE IDOLM@STER

1 : ◆tO1d2pMtBGwv 2016/07/05(火) 06:20:39.95 ID:lLiWk3MJo
アタシの応援はアタシの恋を終わらせた

新世紀エヴァンゲリオン

1: ◆SEFvaK53B6 2015/09/26(土) 03:39:35.17 ID:zmxlB/K40

山田「それじゃ、自己紹介お願いします」

シンジ「えっと……碇シンジです」

シンジ「……」

山田「あ、あの…他には?」

シンジ「あ…よ、よろしくお願いします」

ザワザワ アノコガウワサノ

シンジ「うう……」

シンジ(半年前、偶然ISに触れたら起動させてしまった)

シンジ(そしたら十年以上、音信不通だった姉さんから突然連絡があった。そしてわけもわからない内にこのIS学園に入学させられた…)

シンジ(何なんだよもう…あんなのただの偶然なのにわけかんないよ…)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443206374

THE IDOLM@STER, こちら葛飾区亀有公園前派出所

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/15(金) 00:32:45.29 ID:91jAhXXc0

両津「そこの娘に何をしようとしとるのか聞いてんだよ」

武内P「いえ、私はただ・・・」

両津「とぼけたって無駄だ、最近この辺で目つきの悪い男が女子高生に執拗に話しかけてる姿が何度も目撃されとるんだ」

凛(やっぱり・・・)

両津「わしがヘルプでこの近くの派出所に来てたのは運が悪かったな!」

武内P「ですから私は・・・」

凛「あ、あの・・・」

両津「ん?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468510364

ダンガンロンパ

1: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/16(月) 14:20:28.39 ID:0j9QW/+Jo

苗木「モノクマに閉じ込められて2,3日が経った…」

苗木「今の所コロシアイなんて起きてないし、絶対にそんな事起きちゃだめだ!」

苗木「けど脱出しようにも、手掛かりは見つからないし、正直ボクらが行ける場所は全部調べ尽くしたんだよね…」

苗木「そんなわけで、藁にもすがる思いで、モノモノマシーンをやってみたんだけど…」

苗木「なんだコレ?”千年パズル”?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1379308828

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/09(土) 15:17:30.52 ID:8A39zclO0

デレマスSSです。元ネタ(フレーズ)は東京ダイナマイトさんのコントです。
一旦田舎帰って、昨日また来たんす。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468045050

PAGE TOP