THE IDOLM@STER

1: ◆rNOpCybd0W3E 2015/07/08(水) 16:33:30.96 ID:GOPaDq9h0
短いです
オチなしです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1436340800

THE IDOLM@STER

1: ◆rNOpCybd0W3E 2015/03/01(日) 15:45:44.80 ID:WEzLO5jE0
モバPは新人プロデューサーの設定です

多分フリスクは出ません。ほぼ穂乃香しか出ないと思います

アイドルになる前の話を書こうと思います

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425192344

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/30(日) 06:12:04.08 ID:h6smayIU0

※以下の注意事項は 必 ず 目を通してください。

※個人的な解釈や持論が嫌いな人はブラウザバックを推奨します。

※一部のP(特に、美嘉PまゆPなど)にとっては非常に不愉快な内容かもしれません。

※sideMとのクロスオーバー含みます。

※プロダクション名は346プロとなってますが、アニメとは関係ありません。

※このSSを読み、気分を害しても>>1は一切責任を取りません。

※以上のことを納得できる人のみ、下にお進みください。

 

346プロ 某部署

モバP「はぁ・・・ついにやらかしやがった・・・」

多田李衣菜「どうしたんですか?」ニュッ

姫川友紀「なになに?」ニュッ

モバP「これだよ、これ」サッ

李衣菜「週刊誌ですか・・・って、え!?」

友紀「どれどれ・・・あ!」

見出し『人気アイドル、城ヶ崎美嘉に彼氏発覚!?相手は担当プロデューサー! 』

李衣菜「うわぁ・・・」

友紀「あっちゃ~・・・」

モバP「絶句ものだろ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1477775523

その他

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/10/23(日) 22:34:27.98 ID:XZbmjx0do
妹「ふふふ……痛い?お兄ちゃん」グチュッ

妹「ほら…血、いっぱい出てるよ」

妹「私もお兄ちゃんので服汚れちゃった…」

妹「お兄ちゃん、もうちょっとで死んじゃうね」

妹「お兄ちゃんが苦しんでるとこ、最期まで見ててあげる」

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/09(木) 13:05:58.35 ID:vlpr7Vsao
ちひろ「そうです。ほら、今度また増築するじゃないですか」

P「そうですね」

ちひろ「アイドルも増えて、お仕事も忙しくなってくると、どうしても実家住みや親戚の家に居候ばかりでは対応出来ませんし」

ちひろ「思い切ってレッスン場とかの近くに建ててですね~」

P「そんなお金がどこにあるんすか」

ちひろ「~♪」

P「目を見て話せ」

ちひろ「それでですよ」

P「はぁ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1368072358

その他

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/29(土) 23:27:40.25 ID:5Ietg/j7o

幼友「なに、嫌いなの?」

幼「? 好きに決まってるじゃない」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1477751259

その他

1: 以下、☺でVIPがお送りします 2016/10/29(土) 18:39:06.417 ID:9BYJ1xmdrNIKU
嫁「あ……あ……」ピクピク

俺「孕め……!!!」ドビュルルルーーッ

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/14(水) 19:48:06.12 ID:ADgvpUCo0
モバP「はい、346プロダクションです……はい……大丈夫ですか?……はい……わかりました……こちらで……はい。失礼します」

ちひろ「どうかしましたか?」

モバP「いえ、第二女子寮の寮母さんが過労で倒れたらしくて…」

ちひろ「大変じゃないですか! 大丈夫なんですか?」

モバP「ええ、幸い大事ではないらしいのですが念のため明日の夜までは入院、ということらしいです」

ちひろ「それなら良かったですね…そうなるとその間はどうしましょうか?」

モバP「第一の方なら管理人も人数がいるんですけどね…」

ちひろ「ちょっと第二女子寮を使ってる人を呼んでみますね」

モバP「お願いします。事情を説明しておきませんとね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473850085

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 22:58:14.69 ID:DTgTS5qw0
見知った後ろ姿。月だ、と思った。

プラベートで見かけるのは始めてである。彼女は俺の目的地でもある古書店へと入っていった。

悪戯心が沸き、表情が緩む。プロデューサーという立場からいつもアイドルには

振り回されてばかりだ。ターゲットは貴音。一体あいつはどんな反応をするだろう。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1404827894

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/13(月) 21:09:06.80 ID:OWPBU1juo
P「智絵里っ!そこを動くな!」

智絵里「えっ...な、なんですかPさん」

P「そりゃ」バサァ

智絵里「」

P「薄いピンク...お、四葉のクローバーのワンポイントとは智絵里らしいな」

智絵里「...!...Pさんっ、何してるんですかっ」

P「いや...つい...」

智絵里「つい、じゃないですよっ...どうしてこんなことを...」

P「智絵里、俺はな...スカートめくりが大好きなんだ」

智絵里「...えぇっ...」

P「小学校のころ、極めすぎて手をかざせばスカートがめくれるようになった」

智絵里「そ...そんなことができるんですか...?」

P「まあこれは嘘だが、俺もいろいろな技を編み出したものだ」

智絵里「...そ、そう...ですか...」

P「まあ今は使わないが...ああ、もっとスカートめくりしたいなぁ」

ガタタッ

智絵里「...変態さんにはチョップ、ですっ」ペシ

P「あはは...よし、今日はみんな帰っていいぞ」

オツカレサマー
ジャアネー

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1368446946

PAGE TOP