THE IDOLM@STER

1: オリP 2017/02/04(土) 10:24:49.66 ID:y4QgZs2x0
今回のお話には、モバPさんは出てきません。新人さんが主人公で、アイドルたちの契約更改の会見を見るという物語です。

それでは次レスよりスタートです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1486171489

THE IDOLM@STER

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/03(月) 20:28:24.88 ID:V755YwS20
※キャラ崩壊注意

P「……って決めゼリフを思いついたんですがカッコ良くないですか?」

小鳥「どうしてチョイスがクロスボーンなんです?」

P「カッコいいからです。なぁ、律子はどう思う?」

律子「その改変だと昇進断ってるみたいですよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1393846104

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/19(月) 11:19:45.93 ID:goe/yFUXo
モバPンマン(以下P)「じゃむおじさん、スカウトに行ってきますね」

拓海(じゃむおじさん)「おう、頼んだぜ」

茜(ちーず)「わんわんわんわんわんわんっ!!!」

拓海「おいこら、わん公!パン工場で走り回るんじゃねぇ!」

真尋(ばたこさん)「ばたばた走るよ、ばたこさーんっ!!」

拓海「ばた公!お前もだ!!」

P「いってきまーす」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400465975

ラブライブ!

1: 名無しで叶える物語(浮動国境)@☺ 2016/10/09(日) 18:12:02.08 ID:pH8vHnD9
-夜、海沿い-

果南「っん~!」ノビー

果南「今日も1日疲れた~!」

果南「それにしても最近は暗くなるのが早くなったなぁ…さっさと帰ろう…」

果南「…ん?」

キラッ

果南「やたら明るい星が…なんだろう、あれ」

果南「…? なんか、こっち近づいてきてない?」

ヒュンッ

果南「…!」

果南「うわっ!!こっち来てる!」

果南「あ、あぶない!ぶつかる!!」

カッ…!

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/06(日) 12:53:24.81 ID:4pj60yR30
【注意】このSSではまゆと美穂に生えています。
男の娘に耐性の無い方は摂取を控えてください。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441511604

THE IDOLM@STER

1: ◆QbMLM0d8YE 2015/05/21(木) 23:56:56.14 ID:QfwmWS4k0
美波「わっ! り、凛ちゃんいたの?」

凛「ん、今来たところ。皆は?」

美波「まだ来てないみたい。プロデューサーさんも、営業だって」

凛「ふーん。……それで?」

美波「な、なに?」

凛「何か悩んでるじゃない? そんな感じがするけど」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432220206

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/18(日) 15:02:05.44 ID:hHryfF9+o
   ガッチャーンッ☆

きらり「おっすおっすー☆ みんなー、いゆー?」

   シーン……

きらり「ありゃりゃ……だぁーれもいないのかな? んー、早く来すぎちゃったかも……」

きらり「じゃあ、お掃除してようかなぁ? みんなが来たときにきれいになってたらー……」

きらり「……にゅふふ☆ よろこんでもらえるかも! うきゃー! おっそうじおっそうじー☆」

        ガッチャーンッ☆

きらり「にょ?」

瑛梨華「O☆HA☆YO☆」

きらり「あー! 瑛梨華ちゃん! おっすおっす☆」

瑛梨華「おっときらりん! おっはよーぅ☆」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400392915

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/08(金) 21:54:08.79 ID:hT6wK8Tf0
モバマスですよ

Paみのあるゆるーい話だと思います。たぶんね。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460120048

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 23:46:13.29 ID:6JIcxPKdo
美希「え?」

P「いや、俺がここに置いといたおにぎりなんだが……」

美希「知らないよ?」

P「トイレに行く前は確かにあったんだが……」

美希「知らないの」

P「………」

美希「知らないってば」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1463582773

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/02(木) 22:15:32.34 ID:t0p/t1550
好きな人に邪険にされるのが好き。

たとえばそう、私が誰かに対して。

いくら声をかけても、ちょっかいをかけても、その人は簡単に打ち払うだけでちっともこちらをむいてくれない。

私が何をしたってどうでもよくって、私が何をしたって、なんとも思ってくれない。

それって、どんな私でも受け入れてくれてるってことじゃない? 

それがとても楽しいから、なんて。

そんな秘密を漏らしてしまったのはいつのことだったかしら。

ああも赤裸々に口にしちゃって、どうしてだかは覚えてないけれど、その時の私はよほどご機嫌だったらしい。

たしかお相手は加蓮。

もちろん加蓮は、またこの子は変なこじらせ方して、なんて言ってるような、どうしようもないしかめっ面をしていたけれど。

その顔に、その目に。

少しだけ、満足した。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1464873332

PAGE TOP