THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/08(火) 22:49:10.27 ID:Skjv+B1x0
ちひろ「……」

早苗「そうやってイベントあるごとにアイドルの衣装くすねてP君とイチャつくのはどうかと思うのよ。
   お姉さん的に」

ちひろ「はいぃ……」

早苗「そりゃねぇ? 社内恋愛は……否定はしてないんだけどさぁ。
   むしろ若い二人で元気だなぁって思えて歓迎よ?」

ちひろ「あ、ありがとうございます」

早苗「だからって茄子ちゃんの衣装を本人より先に着てみようってのはどうかと思うのよ」

ちひろ「はい……」

早苗「今度やる七夕ライブの衣装でしょそれ。茄子ちゃんが織姫役やる為の」

ちひろ「あ、はい。ついさっき届いて……」

早苗「ついさっき届いたのを何意気揚々と着てるのよ……」

ちひろ「あっ、すいません……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1404827350

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:48:54.42 ID:6stRJ7Nk0
のんびりと書いて行きます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1374148134

THE IDOLM@STER

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/14(金) 22:10:07.77 ID:1O+ZxwE+0
キャラ崩壊、口調がおかしいとかあるかも

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392383407

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/25(木) 12:07:55.17 ID:TvX4F3g/0
俺は変態だ。

間違いない。それだけは確かだ。
担当しているアイドル…つまり、渋谷凛。
彼女とそういう関係になったのは、いつだろうか。

名は体を表すと言ったように、彼女の凛とした姿。

俺はその姿に惹かれ、彼女もまた、俺に好意を抱いていた。
見事にその願いは成就し、愛の形が形成された。
けれど…その形は、少しだけ、特殊だ。

俺の部屋、雑多なワンルームに置かれた大量のDVDに目をやる。

緊縛、束縛、SM、ご奉仕…俺が最も愛するジャンルだ。
俺はそれを…彼女と共有しているのだ。
ああ、彼女が待ち遠しい。

早く、夜のお散歩に行きたい。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1366859275

THE IDOLM@STER

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 23:29:35.47 ID:xIODnKpg0
のんびりと書いていきます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392301775

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/16(水) 22:14:23.48 ID:cIUHWr7z0

榛名「は、榛名は……」

提督「榛名にしか頼めないんだっ!!」

榛名「っ!」

提督「榛名の力を…貸してくれないだろうか」

榛名「…榛名、提督のため、全力でサポートいたしますっ!」

提督「ありがとう榛名!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1450271663

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/26(水) 21:04:15.75 ID:KS33ZxL20

※小ネタです。

かなこ「なんですか?」

モバP(以下P)「かなこに歌ってもらった曲、あるじゃん。おかしな国の」

かなこ「お菓子屋さん! ですね! かわいい曲嬉しかったです!」

P「いやあれってさ?」

P「かなこと智絵里がグルだよな」

かなこ「何の話ですか!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1477483455

涼宮ハルヒの憂鬱

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/27(火) 17:34:38.69 ID:z2wv/BWZo
キョン(見慣れた教室の扉を開けると、真っ先にハルヒと目が合った。今日も平穏無事に過ごしたいもんだぜ)

キョン「おっす」

ハルヒ「おはよう。ねえ、何か面白いことない?」

キョン「唐突だな。今更、驚かないが」

ハルヒ「最近、SOS団も目立った活動してないじゃない? なんか、こう、パーッと大きなイベントをやりたいんだけどね」

キョン(人力でどうにかなる程度のイベントなら何でもいいが、宇宙やら未来やら超能力でどうにかしなきゃいけないのはNGだぞ)

ハルヒ「はぁーあ……なにかないかしらねぇ……」

キョン(こいつにとって面白いこと、か。世界がひっくり返るぐらいのことは期待してても、ハルヒはそんなこと起こらないと思っている)

キョン(分かりやすい季節行事があれば、それで満足してくれはするんだが、如何せんこの時期は目立った催しはない)

キョン(不思議探索だけでは物足りなさそうにしているし、遊園地やショッピングモールとか普通の場所に行こうと誘ってもいい顔はしやがらない)

キョン(ハルヒを退屈にさせず、楽しませるのは酷く難しい。こいつの心でも読めれば、簡単に接待もできるんだがな)

ハルヒ「ふぅ……」

キョン(こいつが今、何を考えているのかなんて常人の俺にはさっぱりわから――)

ハルヒ(あー、キョンに私の心を読む力でもあればなぁ)

キョン「……!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1474965278

THE IDOLM@STER

1: ◆ao.kz0hS/Q 2016/10/31(月) 01:32:05.76 ID:VsYSaNKD0
18禁の内容になっておりますのでご注意ください。

THE IDOLM@STER

1: ◆ao.kz0hS/Q 2016/10/07(金) 20:22:59.34 ID:mFpjnES+0
18禁かつ若干もどかしい内容になっておりますのでご注意ください

PAGE TOP