艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/09(日) 21:13:06.32 ID:xWSJ89xE0
ヲ級「ドウシヨウカ……」

提督「くっ……[ピーーー]なら殺せぇっ!」

ヲ級「殺スモノカ……貴様ハ貴重ナ情報源ダカラナ」

提督「尋問して私から重要な情報を引き出そうという訳か……」

ヲ級「クックックッ……マア、ソウナルナ」

提督「クソっ、どんな尋問をされたところで私は吐かないぞ!絶対だ!絶対だからな!!」

ヲ級「ソンナ強ガリヲ言ッテイラレルノモ今ノ内ダゾ」

提督「相当な自身があるようだな……しかし私はどんな尋問・拷問にも耐えられるように普段から色々な状況を想定して訓練しているぞ!」

ヲ級「ナラバ……味ワッテミルガイイ!」グイッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1491739986

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/21(水) 16:22:08.33 ID:DpKbyvZNO

「……ねぇ、雫」

「はいー。なんでしょうー?」

「なんだかんやでこうして潜っちゃったわけだけど……今日も、その、これで?」

「もちろんこれで、ですよー」

「そっかぁ」

「はい。初めての時から、この前も、昨日も、ずっとずうっとこうしてきましたしー。今日も、このままでいたいですー」

「まあうん、確かに初めの時からずっとこうだけれども」

「プロデューサーさんは、私とこうしているの、嫌ですか?」

「や、嫌とかじゃないよ。ないんだけどさ」

「えへへ、それなら良かったですー。私も、プロデューサーさんとこうしていられると、とぉーても嬉しいですから」

「雫が喜んでくれるのは嬉しいよ。……ただ、ちょっと」

「? なんですかー?」

「いや、今日はいつにも増して近いなーというか。くっついてるなーというか、抱き締められてるなーというか」

「駄目でしたかー?」

「駄目というか」

「でも、こうしてぎゅうーってすると幸せですよー? 気持ちよくてー。心地よくてー」

「まあ、幸せなのは幸せかなーとも思うけど」

「でしょうー? 私、プロデューサーさんとこうしていると、とってもとぉーっても幸せになれるんです。胸がとくんとくんしてー。お腹の奥がぽかぽかしてー。ほっぺがゆるゆる緩んだりー。ちょっと熱いくらいあったかくて、いっぱい幸せなんですー」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482304928

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/04(日) 19:39:44.17 ID:Zxb0cgbd0

 愛しています。

プロデューサーさん。

まゆは、プロデューサーさんのことを愛しています。

誰よりも、ずっと。

何よりも、もっと。

他のどんなすべてよりも、ずっと、もっと。

愛しています。

貴方と居られると、まゆの身体は幸せに火照ります。

貴方を思えば、まゆの心は幸せに染まります。

貴方への愛を抱いて、貴方を愛するとき、まゆは幸せに満たせれるんです。

貴方無しではいられない。

生きます。貴方無しでも、貴方の為に。――でも、生きられないと言いたくなってしまうほど。

死にません。貴方無しでも、貴方の為に。――でも、死んでしまうと言いたくなってしまうほど。

それほど、愛しています。

貴方はまゆの運命の人。

貴方と出逢えなければ、まゆは、今のまゆにはなれなかった。

貴方と時を重ねなければ、まゆは、これほどの夢を未来に見ることができなかった。

貴方と寄り添い歩かなければ、まゆは、こんなにも温かで幸せな愛を抱くことなんて叶わなかった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480847983

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/02(金) 21:39:09.01 ID:Wquvv3320

 プロデューサーさん。

ねぇ、プロデューサーさん。

私、不安なんです。

不安。

不安で、不安で、不安。

不安なんです。

いつも。

いつも、いつでも、いつだって。

私は不安。

不安で胸が、心が、何もかもがいっぱいなんです。

何をしていても。

甘いケーキを食べていても、大変なレッスンをこなしていても、大切な友達とお話をしていても。

不安。

何を思っていても。

楽しいこと。嬉しいこと。喜ばしいこと。キラキラ輝く、温かくて眩しいアイドルの夢を思っていても。

不安なんです。

ずっと。ずっとずっと、ずうっと。

不安。

私はずっと、不安なんです。

……ただ。

ただ、貴方と過ごすその時だけを特別な例外にして、その時以外はずっと。

ずっと。起きてから眠るまで。眠ってから起きるまでの間でさえ。

不安。不安で不安で、不安なんです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480682348

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/06(木) 18:06:57.29 ID:LkNd+ILY0

 今日はありがとうございます。

まゆのお願いを、わがままを聞いてくれて。

朝からのレッスンをずっと、一日付きっきりになって見ていてくれて。

忙しい中時間を割いて、作って、用意してくれて。

まゆの傍へ、離れず添っていてくれて。

ありがとうございます。

嬉しかったです。

一日、プロデューサーさんと一緒にいられて。

まゆがレッスンで汗を流す姿を――貴方のアイドルとして、貴方のまゆとして、階段を昇る姿を見ていてくれて。

とっても嬉しかったです。

それに、こうして。

それだけでも――レッスン中のまゆと一緒にいてほしい、っていうそのお願いを聞いてもらえただけでも嬉しいのに。

こうして、送ってまでくれて。

プロデューサーさんの隣。プロデューサーの傍。プロデューサーの横へ。

プロデューサーさんの運転する車の中、まゆをその助手席へ座らせてくれて。

こんなふうに二人きりで隣へ添いながら、プロデューサーさんと同じ空間の中を許されながら、寮まで送ってもらえるなんて。

まゆ、嬉しいです。

とても、とっても、嬉しいです。

手を伸ばせば触れられる。

静かな吐息が聞こえてくる。

恋しくて愛おしい貴方が感じられる。

プロデューサーさんと一緒にいられて、こうして見つめて語りかけながら隣にいられて、嬉しい。

嬉しくて、そしてとっても、幸せです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1475744816

その他

1: 以下、☺でVIPがお送りします 2017/04/04(火) 09:48:31.525 ID:njOb5ODOM0404

女「気持ちいい? ♡ 」

童貞ぼく「 ((∵)) 」

女「可愛い ♡もう逝っちゃったね ♡卒業おめでとう ♡ ♡」

童貞ぼく「 ((∵)) 」

その他

1: ◆rPuHN1dQX2 2017/03/23(木) 20:13:46 ID:opP1B3cA

昼下がり、往年のヒットジャズが流れる店内

カランカラーン

男「いらっしゃいませ」

幼女「マスター。ミルク、ロックで」

男「かしこまりました」ニコ

幼女「・・・・・・あ」ゴソゴソ

男「どうされました?」

幼女「丁度切らしちゃったみたい。幼稚園終わりは一服決めたいのに」

男「店にあるもので良ければ、いかがですか?」スッ

幼女「気が利くのね。ありがとう」

男「・・・・・・お口に合うと良いのですが」

幼女「・・・・・・うん、良いチュッパチャプスね」ニコ

男「それは何よりです」ニコ

その他

1: ◆rPuHN1dQX2 2017/03/22(水) 20:36:10 ID:wEUUT1l.

茨の森、奥深く

王子「むう、なんと綺麗な森だろうか」

パカラッパカラッ ヒイン!

王子「・・・・・・ん? あれ、は」タッタッタ

美女「・・・・・・すう、すう」

王子「・・・・・・眠っている、のか?」

美女(おお! と、とうとう人が来た!!)

王子「しかし、何故こんなところで」

美女(針が刺さったら眠っちゃったんだようー)

王子「・・・・・・美しい」ボソ

美女(えへへーそうでしょう? 100年経ってるけれど身体は15歳だからねー)

王子「噂に聞いたことがある、眠れる美女は、キスで目が覚めると・・・・・・」

美女(お、おおお。・・・・・・まさか?)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/17(月) 08:59:06.18 ID:tRcJhWyU0
宮迫「はいはいどーも」

蛍原「こんばんわー」

イェーイ パチパチパチパチ

蛍原「さ、今回は」

宮迫「まあゲストの人数自体はすくないですね」

蛍原「そうですね」

宮迫「ただねwwww皆さんこれ覚悟したほうがいいかもしれませんwwwwww」

蛍原「どゆことよ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392595146

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: ◆EqtePewCZE 2013/06/30(日) 00:48:01.99 ID:ETPV5IUq0
このスレは隠れだめっ子の雪ノ下雪乃を見守るスレです。

キャラ崩壊等も多少あるかとは思われますので、
出来る限り広い心でご覧になっていただけましたら幸いです。

7巻までのネタバレがあるかもしれませんので、
未読の方はご注意ください。

お題をいただけましたら可能な限り努力いたします。

ではよろしくお願いいたします。

※他にこんなものも書きましたので、よろしければご覧ください。

京介「俺のバッドエンドに救いがあるとは思えない」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1371982235/

八幡「やはり俺の青春ラブコメは腐っている」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1370357188/

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1372520881

PAGE TOP