THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/29(木) 18:24:06.97 ID:QHWt9jpM0

 プロデューサー。

ねぇ、プロデューサー。

貴方は。

いいですか、貴方は特別なんです。

知っていますか、貴方は特別なんです。

分かっていましたか、貴方は特別なんです。

貴方は、特別。

貴方は、私にとって特別なんです。

特別な人物。

特別な異性。

特別な存在。

私にとって、貴方は特別なんです。

他の誰よりも特別。

誰よりも大事で、大切で、好ましい人。

他の何よりも特別。

何よりも望ましくて、魅力的で、恋しい男性。

他のどんな誰よりも何よりも特別。

貴方の他のどんな誰よりも何よりも輝く、唯一の、愛おしい存在。

私にとって貴方は、そんな、かけがえのない特別なんです。

特別で、特別な、特別。

他にもいろいろ、特別に思うものはありますけど。

好ましくて、恋しくて、愛おしいものは、貴方の他にもたくさんありますけど。

でも違う。

特別だけど、特別じゃない。

貴方と比べれば、貴方という特別と比べてしまえば。

数多ある特別も、等しくただの普通な普通。

貴方は特別なんです。

私の中の誰よりも、私の思う特別のその内の何よりも、貴方はずっと特別なんです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1475141046

その他

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/04/05(水) 01:52:26 ID:FnmJqPgo
女騎士「ドラクエの知識だけでは痛い目にあうぞ」

THE IDOLM@STER

1: ◆ksTpGtn1Mo 2017/04/08(土) 09:17:33.84 ID:R0/OnMvwO
クソSSです。短いです。心の広い方は是非見て行って下さい。

P「突然だけど、芳乃ってアイドルになる前は何してたんだ?」

芳乃「はてー? わたくしが拝み屋の家系であることは、常々お話していたように思いますがー?」

P「いや、その具体的な内容までは聞いたことが無かったなと思ってさ。拝み屋って実際にはどんなことをするんだ? 名前から察するに、お祓いとかそういうのか?」

芳乃「いえー。わたくしの家ではむしろそういったことはあまりせず、お悩み相談のようなことを多く行っておりましたー。基本的には、頼まれればどんなことでもやっておりましたねー」

P「ん? 今なんでもって……ってことは、結婚して欲しいって頼んだら結婚してくれたりするのか? なんつって「はい、よいですよー」

P「……は?」

芳乃「その求婚、お受けいたしましょうー。これも拝み屋の血筋としての使命でしてー」

P「……いやいや、そんな……エイプリルフールはもう過ぎたぞ?」

芳乃「わたくしは至ってマジでしてー。そなたは忘れているかもしれませんが、わたくしはじゅうろくさい。法の上でも婚姻可能な年齢ですー。どこに問題がー?」

P「そういう話じゃなくて……え? じゃあキスしてって頼んだらしてくれるの?」

芳乃「お安いごようでしてー」(チュッ

P「……えっ」

芳乃「……………………」(カァァ

P「えっ、よし、芳乃さん今なんばしよっと? え? キスした? え?」

芳乃「そなたがしろとー」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1491610653

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/23(日) 23:11:34.74 ID:P60f9UcUo
※キャラ崩壊注意。

みく「李衣菜ちゃんが……李衣菜ちゃんが……」

凛「李衣菜がどうしたの先を言ってよ」

みく「李衣菜ちゃんが……浮気してるにゃ」

凛「はいはい。どうせロック・ザ・ビートの話でしょ。いつものことじゃん」

みく「ちがうにゃ! 確かに夏樹ちゃんも脅威だけど、それだけじゃないにゃ!」

凛「ってことは、ほかにも誰かいるの?」

みく「驚くがいいにゃ。なんとあの佐久間まゆちゃんにゃ!」

凛「えっ……!?(嬉)」

凛「いやいやいや! 一瞬喜んじゃったけど、そんなのないよ。ありえない」

みく「それがありえるかも知れないにゃ!」

凛「まゆがP以外の人になびく訳がないよ。私にはわかる」

凛「冗談なら未央にでも言ってよね。私は今度のライブで初披露する新曲のことで頭がいっぱいなんだから」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1477231894

その他

1: 名無しさん@おーぷん 2017/03/18(土)22:44:54 ID:hwM

彡(^)(^)「本格的なチャーハンを作るで!」

彡(^)(^)「まずは昨日から用意しといた冷やご飯や」

彡(゚)(゚)「……」

彡(゚)(゚)「なんでいっかい冷やす必要があるんや?」

その他

1: 名無しさん@おーぷん 2016/12/19(月)08:49:57 ID:9nK
彡(^)(^)「(ズルズル)さすがに800円もするラーメンや、うまいなあ」

彡(^)(^)「替え玉と煮玉子トッピングでちょうど千円や」

彡(゚)(゚)「……」

彡(゚)(゚)「千円なら焼肉定食とか食えたんちゃうか…?」

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/27(日) 02:56:06.78 ID:1A7fjqn3o
 久々に家に仕事を持ち帰ってきたが、さっぱり終わりそうにない。
 時間を見ると日付はとっくに変わっていて、もうすぐ1時になるというような所だった。

「腹減ったな」

 小腹が減ったから何かを買ってこようとも思ったが、外に行く気分でもない。
 仕方ない、こういう時は気分転換に夜食でも作ろう。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1406397356

その他

1: 以下、☺でVIPがお送りします 2015/09/09(水) 21:42:18.795 ID:BN2+MdCL00909
― 裁判所 ―

裁判官「さて、被告人よ」

裁判官「あなたは電車内において、この女性の尻をさわりましたか?」

男「さわりました」

裁判官「そちらの女性、あなたはさわられましたか?」

女「さわられてません」

男「ウソつくなァァァァァ!!!」

THE IDOLM@STER

1: ◆RfwyoP3XQY 2013/09/26(木) 23:51:29.18 ID:kK2Vq+ET0
モバマスSSです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1380207089

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/13(月) 13:54:35.94 ID:AqqIrW2AO
一同「……」モグモグ…

早苗(さざえ)「かつおー。ちゃんと魚も残さず食べないとシメるわよー」

みく(かつお)「姉さんはすぐ暴力に訴えるにゃ!かつおは自分を曲げないよ!」

早苗「全く…父さんもなんとか言ってやってよー」

あい「かつお、好き嫌いは感心しないな。いいかい?魚にはカルシウムが豊富で…」

一同「……」

あい「…?何故、みんなして黙るんだ?」

早苗「やだぁ~、たらちゃんたら父さんの真似して~♪」

あい(たらお)「な、何ぃ!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1368420875

PAGE TOP