THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/22(月) 21:26:49.80 ID:A/yCEbyj0

P「……」カタカタ・・・

楓「……」~♪

P「……」カタカタ・・・

楓「…………!」ピーン

テテテ・・・

P「…………あ、楓さん。どうしましたか?」

楓「……」ヒソヒソ

P「はい、はい……」

楓「……」コショコショ

P「はい、はい…………」

P「楓さん、それはエアロスミスです」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1374496009

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/22(火) 18:21:36.31 ID:SKfw4ifP0

提督「おはよう」

漣「おはようございます、ご主人様」

朧「おはようございます」

潮「」ケイレイ

曙「」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1450776096

 

THE IDOLM@STER

1: 以下、☺でVIPがお送りします 2015/11/13(金) 00:44:52.120 ID:D/fY/au40

P「あれほど気をつけろって言っただろ?」

亜美「は?亜美は気をつけてるよ?真美じゃないの?」

真美「は?真美のせいにしないでくれる?気分悪いんだけど?」

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 10:39:46.85 ID:1qzPjW2f0

モバP「俺はとあるプロダクションのプロデューサー……いや、正確には“プロデューサー”だった……」

モバP「今から数十年前、俺は中二病アイドル『神崎蘭子』をプロデュースし……彼女はSランクアイドルに上り詰めた……」

モバP「そして、彼女は引退……同時に、俺と入籍をはたす……」

モバP「俺は様々なバッシングや祝福を受けながらも、それ以降も仕事を続け……」

モバP「今はプロダクションも大きくなり、そこの重役に昇進できた……」

モバP「話を戻そう。俺と蘭子との入籍から、1年後、子供を授かった。男の子であった」

モバP「蘭子も俺も喜んだ……そして十数年たち……その息子が……」

息子「ククク……今しがた帰還を果たしたぞ、我が父よ!」ババーン!

モバP「見事に中二病になってしまった……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1374716386

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/02(水) 00:56:00.52 ID:ZMPY78LE0

渡り廊下にて

いろは「せーんぱいっ!」

八幡(・・・俺のことじゃないよな。って思った時は大抵俺のことだということに最近気付いた)

八幡(が、今更素直に反応するのも気恥ずかしい・・・普通に無視しよ)

八幡(何か大事な用なら肩叩いたりしてくるだろう。今までみたいに)

いろは「先輩ってば!」ギュウッ

八幡「うおふっ」ビクッ

いろは「あははっ、先輩変な声出してどうしたんですかー?」ギューッ

八幡「いや、お前、手ぇ離せ」

いろは「ダメです。先輩さっき勘違いじゃなくてわざと無視しましたよねー?そのおしおきです♪」

八幡(なんでわかるんだよこいつ!)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1478015760

 

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/21(日) 11:23:47.50 ID:4cKCevu8o
凛「…………急にどうしたの、加蓮」

奈緒「そうだよ、加蓮。なに言ってんだ、まったく」

凛「ホントだよ。奈緒、もっと言ってあげて」

奈緒「下手そう、じゃなくて下手の間違いだろ」

凛「!?」

加蓮「ごめんごめん。ホント今更だね」

凛「!!??」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1419128617

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/28(土) 23:04:40.43 ID:hKBXZIN9o
ちひろ「はい? なんです、急に」

未央「いやぁ、そういう話題になって盛り上がったんですよっ、あははは」

ちひろ「はぁ……その場に居なかった本人に向かって盛り上がったと言われましても……」

卯月「すごいですよねっ、私も頑張らなきゃ」

李衣菜「さすがちひろさん、ロックだね!」

ちひろ「あ、ありがとうございます? …………いやいやいや」

加蓮「ちひろさん? どうしたんですか?」

ちひろ「えっと……私が我慢強いって……普通だと思うんですが」

まゆ「そんなことないですよぉ? まゆも尊敬してますし」

美嘉「そうそう、アタシも尊敬しちゃう★」

未央「おおっ、カリスマギャルに尊敬されちゃうなんて……さっすがちひろさん!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427551480

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/09(火) 19:44:22.66 ID:ZSY6iPOdo
奈緒「……なぁ加蓮、プロデューサーは何を言ってるんだ?」

加蓮「暑さにでもやられたんじゃない?」

奈緒「なるほど……プロデューサー、冷たいお茶でも飲むか?」

P「あの……ちゃんと聞いてもらいたいんだが。お茶は飲むけど」

加蓮「聞いてる聞いてるーそれは大変だねー」

P「雑誌を読みながらじゃなくてだな……」

奈緒「ほらプロデューサー、お茶。まだお茶のおかわりあるからな?」

P「いや、お茶より話をだな……」

奈緒「まぁまぁ。とりあえず一息入れなって」

P「………………」

加蓮「そうそう。飲んだらちゃんと話は聞いてあげるから」

P「………………」ゴクゴクゴクッ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1410259452

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 22:46:41.41 ID:8jha7Cyho
卯月「どう? 凛ちゃん」

凛「駄目みたい……返事もしてくれないよ」

未央「うーん、どうしようか」

奈緒「どうしようって言ってもなぁ……」

加蓮「出てきてよ、プロデューサー」ドンドンドン

美嘉「プロデューサー! 返事ぐらいしてよー」ドンドンドン

凛「……これは時間がかかるかもしれないね」

卯月「持ち込んだパソコンの音は聞こえるんだけど」

加蓮「引きこもっても、ちゃんと仕事はするんだね」

未央「まいったね、こりゃ。あはは」

P「……………………」カタカタカタ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1401544001

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/27(日) 21:39:11.06 ID:3bH0zQn2o
P「…………」

凛「黙ってたらわからないんだけど……」

P「…………いや、このままじゃ駄目かなって思って」

凛「それでこんなことしちゃったんだ……」

P「…………はい」

凛「プロデューサーが私たちのことを考えてくれたのは嬉しいよ?」

P「……はい」

凛「でもね? これはやっちゃいけないことだよね?」

P「……………………」

凛「だよね?」

P「……………………やっては……いけなかったんですか?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1398602350

PAGE TOP