名探偵コナン

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/23(火) 20:44:27.90 ID:/Ndk+AEAo
阿笠「久しぶりに発明で儲けられたから、今日は好きなだけうな重を食べていいぞ!」

元太「やったぜーっ!」

歩美「わーい!」

光彦「ありがとうございます、博士!」

コナン「ったく、こんなことして大丈夫かよ……」

灰原「さすがに子供へのごちそうぐらいで心配されたら、博士のプライドが傷つくわよ」

コナン「だけどよー、なんたって元太とうな重って組み合わせだからな……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495539867

名探偵コナン

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/22 22:28:20.645 ID:BRipFf5o0.net
灰原「はい工藤くん、新しい試作品」

コナン「サンキュー、灰原……ん? いつもと違うな。ボトルに入ってっけど」

灰原「今回は内服薬じゃなく外用薬にしてみたから、飲まないようにね」

コナン「コイツを肌に塗り込めば、元の姿に戻れんだな?」

灰原「言ったでしょう、あくまでも『試作品』なんだから……。保証はできないわよ」

コナン「そっか……じゃあ期待できねーな……」

灰原「……なに、その態度。人がせっかくつくってあげたのに」

コナン「えっ? あ、いや。だから感謝してるって」

灰原「どうだか」

~探偵事務所~

ガチャ

蘭「おかえりなさい、コナンくん」

コナン「あ、あれ? 蘭ねえちゃん、今日は部活お休みなの……?」

蘭「うん。お父さんは麻雀で帰りが遅くなるみたいだし……コナンくんひとりじゃ淋しいと思ってはやく帰ってきちゃった」

コナン(事務所に蘭がいるんじゃ薬を試すわけにもいかねーか……はやく試したいけど)

艦隊これくしょん -艦これ-

1: ◆yJGN1SPTmzFo 2017/05/22(月) 23:26:47.03 ID:HPtuRaSh0
提督「吹雪へ。普段言えないことも、手紙ならば言葉にすることが出来るかもしれないと思い、筆を取りました」カリカリ

吹雪「あの」

提督「いつもありがとう。戦闘でも、秘書官業務でも、休日につきあってもらうことも、本当に感謝しています」カリカリ

吹雪「司令官?」

提督「思えば、最初に着任してくれたあの頃から、きみにはお世話になってばかりでした」サラサラ

吹雪「もしもし?」

※出てくる艦娘は好きなこを並べただけです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495463206

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/21 18:38:08 ID:CxQyqpPQ
電「え!?」

電「そ、そんな事、ないと思うのです!」

電「司令官さんは、誰に対しても分け隔てなく接してくれているのです」

伊19「だって19の事、あからさまに目を反らすの……」

伊19「絶対嫌われてるの……」

電「そ、そんな!」

伊168「19もなの?」

伊19「え?」

電「え?」

Fate

1: ◆Q5myJ/tozY 2015/08/21(金) 02:36:50.82 ID:YUyLOx2p0
綺礼「これも時代の流れというものか、、、」ポチポチッ

綺礼「スタートダッシュキャンペーンだとか宣伝されているな。折角だから始めてみるか」ポチッ

ーインストール中ー

~~~~~~~
~~~~~~~

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440092210

その他

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/23 00:40:05.496 ID:4e7kTvkY0.net
酒場――

ギィィ…

マスター「いらっしゃい」

客「へえ、いい雰囲気の店だね」

マスター「ありがとうございます……で、何を飲みます?」

客「あいにく今日は酒って気分じゃなくてね……ミルクくれよ」

マスター「え?」

その他

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/22 00:04:15.350 ID:nroZSosi0.net
妹「今まで黙っててごめんね…」

その他

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/21 16:24:23.635 ID:cyiSjNNfp.net
女「は、はいっ! 頑張りますッ!!」

俺「うむ。良い返事だ」

未分類

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/26 22:50:26 ID:JD3Usf4Q

魔王城

魔勇者「お任せ下さい! 必ずや、遂行してみせます!」

魔王「うむ、期待しておるぞ」

魔王「私は、この人類との終わりの見えない戦いに、終止符を打ちたい」

魔王「無益で、無意味な争いを止め、共に手を取り合うのだ」

魔王「彼らとなら、それが出来る。私は、そう信じている」

魔勇者「素晴らしきお考えです」

PAGE TOP