やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 03:35:03.57 ID:AauRMkC9o
葉山「いろはには悪いことをしたな」

八幡「罪悪感持つぐらいなら、振らなきゃ良かったのに」

葉山「無理だよ。分かってるくせにそういうことを言うのは性格悪いな」

葉山「いろはの気持ちは素直に嬉しい。でも違うんだ」

葉山「それは多分、俺は…君が…」

八幡「…?」

葉山「君は凄いな。そうやって周りの人間…俺を変えていく」

八幡「は? なんだよ急に」

葉山「言っただろ。俺は君が思ってるほどいいやつじゃない」

葉山「君を褒めるのは、俺のためだ」

葉山「俺は今から本当のことを言う」

八幡「お前、どうしたんだよ…おかしいぞ」

葉山「あんなの見せられたら、心動いちゃうだろ」

八幡「なにが…」

葉山「俺も…本物が欲しくなったんだ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433788493

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 10:41:22.28 ID:TMCqtutR0

※都市伝説も含みます

「VS口裂け女」

『口裂け女』
マスクをした女性が「綺麗?」と聞いてくる
「綺麗」と答えるとマスクを外して「これでも?」と問いかけ、いずれの問いにも「綺麗じゃない」と返すと殺される

P「すっかり遅くなっちゃったなあ」

P「打ち合わせに熱中しすぎて終電逃すってのはいいことなのか悪いことなのか」

P「近くのホテルに泊まるかタクシーで帰るか……ん?誰か居る?」

由里子「私……綺麗?」

P「ユリユリじゃないか、こんな遅くまでどうした」

由里子「私、綺麗?」

P「由里子は綺麗というより可愛い系だと思うが……というかお前なんでBL同人誌で口抑えてんだ」

由里子「可愛い……?これでも……?」ビラッ

P「ちょ、同人誌広げるなお前!?男のまぐわうシーン見せないでくれよ!?」

由里子「」ウエーン

P「なるほど、自分が腐女子だってこと周りにどう思われているか不安になっちゃったんだな」

P「ファンはそういうところも含めて由里子のことを好きだし、事務所のみんなもそんなこと気にしないだろ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1454290882

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 21:02:20.17 ID:um3i0u7O0
やよい「はわっ!?」

P「あっ」

やよい「う、うー……プロデューサー……そこじゃないです……手ですよぅ……」

P「あ、ああ……すまんやよい、つい……」

やよい「うー……こ、今度からは気を付けてくださいね……」

P「あ、ああ。もちろんだとも。ほんとごめんな、ほんと……」

やよい「…………」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400932940

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 由比ヶ浜サーガ 2015/10/19(月) 19:59:32.86 ID:keINOvUCo
結衣「」

八幡「よ、よう……」グルグル ←回転中

雪ノ下「さ、先に部活を始めてたのよ……」グルグル ←回転させられ中

結衣「ふ、二人とも……何をしてるの……?」

八幡「いや、その……ジャイアントスイングを……」グルグル

雪乃「待っている間、やる事がなくて……。それで、話の流れでつい……」グルグル

結衣「そ……そうなんだ……。いきなりだったから、ちょっと驚いちゃって……。あははっ……」

八幡「お、おう……あっ」スポッ

雪乃「え……!?」ヒューン……

八幡「しまった! 雪ノ下が四階の窓から外に!!」

結衣「ゆきのーん!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445252372

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/10(水) 18:20:35.62 ID:EfHRsOuR0
ちひろ「どうしたんですか独り言なんて言って」

P「いや、未成年がアイドルになるには親御さんの許可が必要じゃないですか」

ちひろ「まあそうですね」

P「現にスカウトした中には本人はアイドルをやりたい!と思ってたんですけど、俺の力及ばず親御さんに許可されずアイドルになれなかった子も居るんです」

P「そういうのでアイドルになれないのがとても惜しいなって思いまして」

ちひろ「それで今事務所に居る子達はどうやって説得したんだろうと考えたわけですか」

P「そうです。俺の手を借りず、割と自分で説得してくる子が多いんですよね」

ちひろ「私も時々プロデューサーさんの代わりに親御さんと顔合わせに行きますけど確かにすでに説得終わってるケース多いですね」

卯月「頑張りました!」

P「あ、卯月おかえり」

ちひろ「せっかくだからどんな風に説得したか聞いてみましょうよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1410340825

その他

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/07/14(木) 16:09:58 ID:yXO4rlcc
ある高校にて――

テロリスト「たった今から、このクラスはこの私が占拠した!」

テロリスト「死にたくなければ、私のいうことに従え!」

テロリスト「大人しくしていれば、お前たちに危害は加えない!」

テロリスト「ただし! 勝手なマネをすれば、容赦なく射殺する!」ジャキッ

THE IDOLM@STER

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/29(日) 02:00:00.50 ID:W6s3iP+U0
ちひろ「なんですかそれ?」

P「アイドルの手料理を食べるとアイドルの特性や癖をコピー出来るプロデュー

サー能力です」

ちひろ「は?」

P「最近身に付けました。オンオフの調整が出来ないのが難点ですけど」

P「百聞は一見にしかずです。実際に見て見ればわかるでしょう」

ちひろ「いやまずプロデューサー能力ってなんですか……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1388250000

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/22(日) 15:47:48.62 ID:E77El9Gs0
安価です

P「うちのアイドル達ときたらすぐに事務所のソファで寝るんだ」

P「お客様が来た時用のソファであるというのに、けしからん」

P「寝るなといっても聞く耳を持たないんだから、もう」

P「…」

P「こうなったら寝てるアイドルの股間にレモン水を垂らしておいて起きた時の反応を見るしかない」

P「寝る方が、悪いんだ」

P「よし、それではさっそく行ってみよう」

P「お、ちょうど>>2が寝てるぞ」

モバマスのアイドルでお願いします

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1424587668

THE IDOLM@STER

1: ◆QbMLM0d8YE 2015/11/28(土) 23:34:01.25 ID:i/oy5RVQ0
美波「……」

凛(声、かけるべきかな)

凛(まだ事務所には誰も来てないし、そっとしておくていうのも……)

美波「……ふふっ」

凛(……笑った? 悲しくて泣いてるわけじゃないのかな)

凛(だったら、なんで泣いてるんだろう)

凛(……やっぱり、気になるな)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1448721240

THE IDOLM@STER

1: ◆qEJgO2U6bM 2014/05/18(日) 03:16:18.82 ID:0ANB+LgKo

・・・駅のプラットホーム

比奈「お疲れさまでス」

P「っと…おう。ありがとう」

比奈「いえいえ。甘い缶コーヒーでスけど大丈夫でス?」

P「うん」

P「疲れたときは甘いのがおいしいよな」

比奈「はい」

カコ

P「比奈はブラックでいいのか?」

比奈「へ?あ、えっと…プロデューサーはブラックの方がいいって言うかもって、それでべつべつのに…一応」

比奈「だ、大丈夫っス!夜更かしするときとか、追い込まれてるときとか、よく飲んでまス!えいっ」

比奈(……にが…)

P「これ半分こするか」

比奈「す、すいませんー…えへへ。ありがとうございまス」エヘ…

P「いや、こちらこそ」

P「それに柚たちが弁当を買って来るだろうし、それ、そのあとに飲むよ。ありがとな」

比奈「いえいえでス」ニヘラ

・シリーズ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400350568

PAGE TOP