THE IDOLM@STER

1: ◆dZpIrVJWHy4Z 2016/02/24(水) 23:02:22.33 ID:zTIPPbkd0
性格が誇張されているアイドルがいます。
御了承下さい。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456322542

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: ◆xgvIN1yLiQ 2015/05/22(金) 06:56:09.00 ID:/4AD5Plu0
原作無視・キャラ崩壊
色々と注意

結衣視点で物語は進行します
一日に3~10ほど投下

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432245358

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/22 13:23:19.096 ID:vt3zuJpw0.net
いろは「それってもしかして葉山先輩?」

女1「違うよぉ。なんかほら、前に一色さんを訪ねてきた上級生いたじゃん」

いろは(誰のこと?戸部先輩かな)

女2「そうそう、あの、目つきの悪い・・・」

いろは(比企谷先輩か・・・)

いろは「違うに決まってるじゃん」

女3「えー、でもー。なんかこないだ2人で歩いてたってぇ」

女1「そうそう、クリスマスの頃にー」

いろは(クリスマスイベント手伝ってもらってた時の見られてたのか・・・)

いろは「もう~そんなんじゃないって~!」

女「えーそうなのー?」

いろは(ちっ、うぜえ・・・・・・・・・・・・・・・そうだ・・・)ニヤッ

名探偵コナン, その他

1: 名無しさん@おーぷん 2017/08/21 19:57:19 ID:zwO
彡(゚)(゚)「こりゃえらいこっちゃ。」

彡(゚)(゚)「いまこの旅館にいるのはワイとコナン、毛利小五郎に蘭姉ちゃん」

彡(゚)(゚)「あとは>>3 >>4 >>5 >>6の四人やな」

その他

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/11 18:13:26.325 ID:OwvKEk2CM.net
女騎士「やめろ、近寄るな!」
盗賊「ヒャッハー」
女騎士「ああ、やめろ!身体をまさぐるな!」
盗賊「あった、財布だ!ヒャッハー」
女騎士「……ん?」
盗賊「すげえ、こんなに金入ってるぜ、さすが騎士だ!給料たけえんだな!」
女騎士「……」
盗賊「じゃあな」
女騎士「待て」
盗賊「ん?」
女騎士「エロい事をするんじゃないのか?」
盗賊「……んん?」
女騎士「私は体力ゼロなんだ、今ならお前が一生かけても出会えない美少女の私をりょ、凌辱できるのだぞ!」

ラブライブ!

1: 名無しで叶える物語 2017/09/11 22:10:02.85 ID:Su0hQvVS.net
ルビィ「えぇ?!汚いよお!」

ダイヤ「何を言いますか!汚いから洗うのですわ!まったく近頃おパンツが臭うと思ったらおま○こ様洗っていなかったのですね!」

ルビィ「でも花丸ちゃんは洗わないって」

ダイヤ「…はあ、あの方は人と違うと一緒に居て気付くでしょう?ほら広げて」

ルビィ「いやだよぉ!うわーー」

その他

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/07/23 22:37:05 ID:YCuqeix2
幼「んちゅ……むぅ……れろれろ」チュパチュパ

幼「はむ……」ジュポジュポ

男「えーっと、幼馴染?」

幼「なに……?」ペロペロ

男「朝から俺の布団にもぐり込んで何してるの?」

幼「え? 舐めてるんだよ?」

男「いや、そりゃ見ればわかるけど……なんで?」

幼「だっておいしいらもん、男の指」ペロペロ

男「くわえながらしゃべるな」

あとは頼んだ

その他

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/18 18:49:33.278 ID:yB1SrKr80.net
【関連作品】
コンコン

めいどさん「失礼します」がちゃ

めいどさん「あ、あの……用事というのは……」

すっ

つ紙袋

めいどさん「ふぇ?これ、くれるんですか?」

めいどさん「……ぷれぜんと///」

めいどさん「いつもお世話になってるなんて……そ、それはこちらの台詞ですよ~」てれてれ

めいどさん「でも……ありがとうございますごしゅじんさま///」

艦隊これくしょん -艦これ-

1: ◆A.TP2bRHK6 2014/09/06(土) 03:49:28.55 ID:v0uVnSdNO
荒潮「うふふ、それはねぇ……素直になれない満潮ちゃんを素直にするための道具よー♪」

満潮「な、何言ってんのよ、荒潮!? バカなこと言ってないで、早く外して」

提督「よくわからんが、満潮の言うとおり早く外してくれ」

荒潮「だーめ♪ それは、明日の朝まで外すつもりなんてないから、二人にはそのまま丸一日過ごしてもらうわ」

満潮「なっ!?」

提督「ちょっ!?」

荒潮「ちなみにぃ……勝手に外したら、きつーいお仕置きが待ってるわよぉ? ……それじゃ、私は遠征に行ってくるから、外さないようにねぇ?」

ガチャッ

満潮「あっ、待ちなさい、あらし――きゃあ!?」

提督「うわっ!? ……いてて、手錠がかかってるんだから、いきなり動くのはやめてくれ」

満潮「っ、悪かったわね……それより、早くどいてくれない? 邪魔なんだけど」

提督「あ、す、すまん」

満潮「……はぁ、なんで私がこんな目に」

提督「……それより、コレどうするよ? なんとかして外したほうがいいよな」

満潮「ええ、そうね。このままじゃ出撃どころか普通に過ごすことすらできないわ」

提督「そうだ、お前の艤装でどうにかならないか? 例えば主砲でこの手錠を壊すとか」

満潮「……あのね、私たちの艤装はこんな見た目でも、れっきとした本物なのよ? たしかに、主砲を使えばこんな手錠くらい簡単に壊せるでしょうけど、そんなことをすれば、私ならともかく普通の人間である司令官なら、手錠どころか身体ごと吹き飛ぶと思うわよ」

提督「マジか……それじゃあ、工廠あたりでコレをどうにかするための道具を探しにいかないか?」

満潮「まあ、それが堅実でしょうね。さっそく行きましょう」

……
…………

工廠妖精「ごめんなさい、荒潮さんから二人には何も渡さないようにって言われてるんです。だから、ここはどうかお引き取りください」

提督「……まさか、ここにまで手をまわしていたとは」

満潮「どうやら本気でコレを外させる気がないようね」

工廠妖精「あ、それとお二人が来た場合に伝言も頼まれていたのですが……」

提督「ん、なんだ?」

工廠妖精「『手錠を外そうだなんて考えちゃ駄目よ? 一時的に外して、私がいるときだけつけようとしても、ちゃんと二人のための監視役をつけているから全部バレバレよ。それとも、そんなに私のお仕置きがされたいのかしら? うふふ』……だ、そうです」

提督「……なあ、満潮。荒潮のお仕置きってどんな感じなんだ?」

満潮「荒潮のお仕置き……そういえば……っ!?」ブルッ

提督「お、おい、どうした? いきなり震えだして……顔も真っ青だぞ?」

満潮「わ、わからないわ……前にも荒潮にお仕置きされたような気がするんだけど、思い出そうとすると……ひっ!?」ガクガクブルブル

提督「だ、大丈夫か? ……よくわからんが、とりあえずは外さないほうがよさそうだな」

満潮「そ、そうね。やっぱり外すのは諦めたほうがいい気がするわ」

工廠妖精「荒潮さん……お仕置き……うっ、頭が……と、とにかく、道具をお貸しすることはできないので、お引き取りください」

提督「ああ、そうする……とりあえず、執務室にもどって仕事をしてみるか」

……
…………

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1409942967

その他

1: 名無しさん@おーぷん 2017/08/19 18:44:04 ID:AAv
彡(^)(^)「でなぁ~ワイがこうこうやらかしてなぁ~」

みんな「わはは」

みんな「……」

彡(゚)(゚)(また場が暗いで……またワイがボケて盛り上げたろ!)

数週間後

みんな「やきうキモwギャハハ!!」

彡()()

PAGE TOP