艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 01:22:33.12 ID:XYjjWM8jO
勢いだけで書いた

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1487348553

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/12(火) 07:25:57.33 ID:PyKvkZDTo
※注意点

・結衣人称です
・モノローグ多いです
・想像と自己解釈で書いてる部分が多いので、他の人と解釈が違う部分もあるかと思います
・結衣が好きです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431383147

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/28(火) 10:09:03.56 ID:/31AoEJI0
未央「ねぇねぇ、リーナ。さっき何買ったの?見せてよ」

李衣菜「え~?」

奈緒「さっき?」

みく「何か買ったの?」

未央「見せてよお~」

李衣菜「えぇ~、やだよ…絶対バカにするもん」

未央「しないって」

奈緒「なんだよ、気になるじゃんか」

みく「もしかして、エッチなものでも買ったのかにゃ?」ニヤニヤ

李衣菜「違うよ、エッチなものなんか買わないよ」

奈緒「じゃあ見せろよ~、ほれほれ」ツンツン

みく「ほれほれ~」ツンツン

未央「ほれほれ~」ツンツン

李衣菜「やめてよ~…やっ…やぁめ……やめてよ!」ガシッ

奈緒「えっ」

李衣菜「スゥーーーーーーーーーーーーーーーッ」

奈緒「えっ、えっ、えっ………なんであたしの髪の匂い嗅いでるんだよお~!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467076143

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/30(水) 23:40:35.65 ID:DSAODc1M0
モバマスのSSです。
一応百合注意

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1480516834

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/28(水) 00:59:37.65 ID:iHsws6qc0

提督の死体が執務室に横たわっている。頭から血が流れ出したことによる失血死。うつぶせた死体の傍らには角を血で赤く汚した「ドッキリ成功!」と赤文字で記されたプラカードが投げやりに転がっていた。

誰が見てもその死の原因は「ドッキリ」にあることは明白であった。提督は「ドッキリ」により死んだのだった。

猩々緋の絨毯を黒く染めた死体は、書類がきちんとまとめられた書斎机の正面でいかにも死体的に両手を上げて突っ伏し指先を力なく丸めていた。花火を見るため夏に改装した大窓は縦滑り式に少しだけ開けられており、そこからふかまった秋の冷たい朝風が室内のフラワーアレンジメントを幽かに揺らしている。朝日が水平線から線的に延びて波頭によって破片のように散らされていた。

整然と日常的秩序を伴う部屋は提督の死を演出するにはふさわしくなかった。もしくは、日常的執務室を演出するには提督の死体という調度品はそぐわなかった。死体と現場は相互にどっちつかずと足を引っ張り合っている。

ダズル迷彩の艤装を扉にぶつけないよう注意しながら入室した榛名は困惑した。彼女の日常の始まり方には二種類あった。一つは執務室に提督がいる場合と、もう一つは執務室に提督がいない場合であり、前者なら提督の指示に従い執務を行い始め、一日が進行していく。

後者、つまり提督が不在の場合、日常の始まり方は謎だった。そこは榛名自身にも知るよしもない暗闇だった。事情はもしかしたら冬眠するクマやカエルにとって冬が存在しないように仮死によって己の時間を停止して再び己を生き返らす機会をうかがっているということかもしれなかった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1445961577

THE IDOLM@STER

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/11/23(水) 23:58:26.69 ID:sa8Sln7Y0
ホシイミキという人間がいる。

私の記憶にはそいつを呼ぶ「ミキ」という音がすっかり定着しているが、稀に「ホシイ」という名で呼ばれているのを耳にすることもある。

「ホシイ」も「ミキ」も彼奴の呼び名であって、どちらが正しい呼称なのかは分らない。分らないから、私はどちらもそいつの名前なのだと考えている。

ホシイが先にくるのは語感の問題なので、大して深い意味はない。

同じく、彼奴について私がこうして考えていることも、また意味のないことである。

今は腹も空いていないし、時間潰しの余興にそういうことをするのもよかろうと思う次第であった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1479913106

THE IDOLM@STER

1: ◆e1yF1Ago4E 2014/05/13(火) 21:07:10.51 ID:0+13ijP40
P「ただいまー」ガチャ

…………………

P「ん?誰も居ないのか?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1399982820

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/21(火) 19:06:32.38 ID:S2Opp8V90
提督「俺たちが集まった理由はもうわかるな」

明石「いえ」

夕張「さっぱり」

提督「かねてより依頼していた仮死薬の開発がついに成功したと聞く。それを使って、艦娘に死亡ドッキリを行うつもりだ。悲しみにくれる可愛い泣き顔を共に拝もうではないか」

明石「なるほど。名案です。そのように使用してくれるならこの薬品も喜んでくれるでしょう」

夕張「架空の死なんて少し悪趣味ではありませんか。それに提督が死亡しても悲しんでくれるかわからないじゃないですか。あ、私は提督が死んじゃうともちろん悲しいですよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437473182

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/17(水) 00:55:12.32 ID:VaTKLLIO0
八幡「最近寝不足が酷くて……」

めぐり「ふーん」

八幡「安眠グッズを探してたら、抱き枕いいかもなぁって」

めぐり「ふむふむ」

八幡「でも結構高いんですよね」

めぐり「なろうか?」

八幡「ん?」

めぐり×八幡の俺ガイルSSです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455638111

艦隊これくしょん -艦これ-

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/06(土) 00:05:27.04 ID:2hkfWw4p0
他スレから影響うけた。ドッキリ系

間宮「次の方」

提督「ここか」

間宮「あら、提督ですか? どうしたのですか?」

提督「間宮、君が艦娘たちのカウンセリングをしていると聞いたので、見に来たのだ」

間宮「まあ、カウンセリングなんてそんな大仰なものでもありません。ただ日常的な悩みを聞いて、それにちょっとだけ助言をしているぐらいです」

提督「すまない。艦娘のメンタルケアも私の仕事なのに君に任せてしまって」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433516717

PAGE TOP